お金はかかっています

d0065239_22525991.jpg
引き続き照明の話。
日経アーキテクチュアNo.864に掲載の手塚貴晴×高木英敏対談記事。

手塚さんの照明といえば、言わずと知れたあの「裸電球」。
手塚氏「我々の欲しいのは照明器具ではなくて光なのです」
・・・ほー。さすがにいいことをおっしゃる。
手塚氏「ただ、器具についてもソケット自体がきれいに見えるようにオリジナルでつくっているのでお金はかかっています」
・・・オリジナルで・・・裸電球を・・・。お金、かかってるんだ・・・。
高木氏「裸電球を使う時、お客さんをどう説得されるのですか?」
手塚氏「私の場合は説得しません。わからない人にはあきらめてもらう。あるいは「工期もないので裸電球を付けておきますが、落ち着いたら替えて下さい」と言って、先に付けてしまう(笑)。」
・・・(笑)ってあんた。
手塚建築の照明が魅力的であるのは事実。
それだけ自信がある、ということだとは思いますが。

手塚さん、夫婦セットではないときでも青いシャツを着てるんだ・・・。
[PR]
# by shunn1977 | 2007-12-21 23:25

言われてみれば当たり前の

d0065239_10541665.jpg
昨日に引き続き照明計画の話。
日経アーキテクチュアNo.863の特集は「失敗しない照明計画」。

さまざまなライティング方式や対策、失敗例が紹介されるなか、もっとも役に立ったのは、ある照明デザイナーのこんなコメント。
「(住宅規模であれば)60Wの電球を入れた瞬間に明るさの要件はすべて満たせる。その器具に調光器を付けて、まぶしいと思ったら絞れるようにさえしておけば、それ以上の要素は入り込む余地がない。」
岡安泉照明設計事務所代表・岡安泉氏のありがたいお言葉。だいぶ気がラクになる。
まずは「60W電球+調光器」を照明基本セットとして押さえておけば、あとは空間の条件に応じて、その配置や配分を自由に調整すればよい、というアドバイスだと思う。
言われてみれば当たり前のことだけれども、ここまでストレートに断言されると、なるほど、と感心してしまう。
恐らくは、基本を押さえて上で自由に調整、の「自由に」の部分でセンスが問われることになるのだけれども、少なくとも岡安メソッドを意識して照明計画をしていれば大失敗は起こりにくいし、その安心感から自由で大胆な発想も生まれやすくなるように思う。

年末の微妙な時期。
現場で「よいお年を」とお別れしたはずの方と、翌日あっさり別現場で会ってしまうと、少し気まずい。
[PR]
# by shunn1977 | 2007-12-20 23:32

温暖化対策の一環として

d0065239_10505338.jpg
照明は基本的に演色性の高い白熱電球で。
勉強部屋や作業室などを除き、蛍光灯は間接照明の光源などとしてあくまでも補助的に用いる。
というのが、照明器具選定時の基本方針。
蛍光灯で空間全体をまんべんなく明るくする照明計画は、できれば避けたい。
必要な場所に必要な明かりをメリハリをつけて配置する。
照明による空間の演出には、白熱電球のあたたかい光が適している。
ところが本日、こんなニュースが。

白熱電球の製造中止を表明へ 政府、温暖化対策で [ 12月19日 08時57分 ]共同通信

 政府が温暖化対策の一環として、家庭やオフィスの照明で使われる白熱電球について、電力消費が大きくエネルギー利用効率が悪いことから、国内での製造・販売を数年以内に中止するようメーカーに要請する方針を打ち出す見通しとなった。白熱電球に比べ消費電力が少なく、長持ちする電球形蛍光灯への切り替えを促す狙いがある。年明けにもまとめる対策に盛り込む方向。海外にも同様の取り組みを呼び掛ける。

・・・んー、いきなり極端な展開。
最近の建築業界は完全に流れが後ろ向き。
構造から設備機器まで、設計する上での自由度がどんどんせばめられているような気がする。
エアコンの設定温度の上限/下限にリミッターをつける、とかのほうが効果がありそうだけれども。
[PR]
# by shunn1977 | 2007-12-19 23:04

ハイテクなおまけ付き

d0065239_2333177.jpg
トップライトのメーカーと言えばベルックス。

そのベルックスの新製品「デイライト・チューブ」に少し興味をそそられた。
要するに、外部に接していない奥まった部屋にも外光を取り込める、という商品。
トップライトと部屋を、内側に銀箔を貼ったチューブで結び、光はそのチューブ内部を反射して室内まで届く、といういたって単純な仕組み。
メーカーHPの使用例を見ると、どうやらあまり強い光は期待できない様子。
トイレや廊下、ウォークインクローゼットなどの補助的な採光に適しているとのこと。
ふと思い出したのは、以前何かの番組で紹介された特殊採光商品。
屋上に取り付けた「パラボラ採光器」と何本も束ねられた「光ファイバーケーブル」で、地下室まで外光をほぼ完全に取り入れる優れもの。
パラボラ採光器は、センサーで太陽の動きを追いかけるというハイテクなおまけ付き。・・・ただ、当然それなりにいいお値段。
自然光による採光の目的は、照明コストの削減が第一。
ということで、この機械を使用するチャンスはしばらくなさそう。

「デイライト・チューブ」は確認申請時の採光計算上どういう扱いになるのでしょうか。
[PR]
# by shunn1977 | 2007-12-18 23:59

ギリギリで

Z邸図渡しをどうにか乗り切る。
まだ二連徹夜が可能な自分を確認。
で、本日。
徹夜で提出物を間に合わせた!今日は夕方まで寝る!・・・とはいかないのが学生の頃の徹夜とは違うところ。
睡眠不足ハイの頭で考えた別件のプレゼンボードデザインが、ゆるんでシンプルになった思考回路が効を奏したのか、思いのほかうまいことまとまったので満足。
こちらの締めきりは明日。・・・三日連続はさすがに無理。
[PR]
# by shunn1977 | 2007-12-17 23:02

どうやら

夜食の準備が必要なペース。
・・・二日分。
[PR]
# by SHUNN1977 | 2007-12-14 23:21

ドイツ語が似つかわしいが

d0065239_22241828.jpg
一部で話題のユリイカ11月臨時増刊号を買ってみた。

特集は「荒木飛呂彦」・・・!
20年前にジャンプで「メメタァァ!」と波紋の洗礼を受けた少年達も、もういいオトナ。
そんなJOJO紳士/JOJO淑女たちの異常な愛情と過剰な深読みに溢れた一冊。
「・・・次いで荒木の作画における線と色彩の問題について考えてみたいが、行きがかり上ここもまたコントラポストから話を始めよう。一言で言えば、コントラポストはフォルムを固定し、線的な組み立てとして捉えようとする。要するに線の創意であり、技法なのである。その本質を言い表すにはDie Zeichnung(線描法)というドイツ語が似つかわしいが・・・」(本文から「ごく一部」を抜粋)
やれやれだぜ・・・と苦笑しつつも思わず全文読んでしまうのは、その熱い思いに共感するから・・・かも。

もちろん「JOJO立ち」も掲載。
必見・・・とは言いませんが。
[PR]
# by shunn1977 | 2007-12-13 23:20

「OK牧場!」風に

ダウンロード配信&自由価格設定で話題のレディオヘッド「イン・レインボウズ」。
価格は購入者自身による判断なので、ゼロ円購入も可能・・・って本当?。
さすがトム・ヨーク!いまどきCDなんてプラスチックの無駄遣いだぜ!と思いつつも、物欲&収集癖のある私はやっぱりCD盤が欲しい。
こちらはさすがに自由価格ではないらしい。残念。

気がつけばなんでもモニター上でかたがつく世の中。
a pig / in a cage / on antibiotics ・・・なんていうフレーズが頭に浮かぶ。
ヨークさんはどう思っているのでしょうか。
・・・「OK COMPUTER!」(「OK牧場!」風に)か?
[PR]
# by shunn1977 | 2007-12-12 23:19

そんな私の苦悩をよそに

d0065239_22481110.jpg
朝、Oプロジェクトコンクリート打設立ち会い。

いよいよ最上階。
当初予定していたより少し早めに工程を消化。ご苦労様です。
打設の現場に設計者(監理者)が立ち会うのは、ひとつはコンクリートの状態確認のため。
打設に先立って、ミキサー車から採取したサンプルでその日の受け入れコンクリートを数値的にチェック。
温度、スランプ値、フロー値などの報告を受け、数値を書き入れた黒板といっしよに記念撮影。「チェックしましたよ」という証拠写真。
で、その写真会が済んでしまうと、あとは現場の皆様方がお仕事をされているのを見学、いや「監理」か。
本来は「監理者」が視察しているということで、現場に緊張感をもってもらいたい、というのも目的のひとつではあるのだけれど、わたしではまだいまいち迫力不足。
とはいえ、見ているだけではちょっとアレなので、気になったことは逐一伝える。
ただひまつぶしに来ているわけじゃないですよ、ってことを少しアピールしてみている・・・のですが。
そんな私の苦悩をよそに、これまでのところOプロジェクトのRC打ち放し面は非常に美しい打ち上がり。感謝&若干複雑な心境・・・まあいいか。

その後、そのまま工務店へ移動し、家具屋さんとU邸の打ち合わせ。
こちらも順調、だと思う。
[PR]
# by shunn1977 | 2007-12-11 23:48

ジャスト200字!(句読点含む)

d0065239_0145745.jpg
完全に更新がストップしてしまっている事務所ホームページのリニューアルが水面下で進行中。
そんな関係などもあって、作品の紹介を文章でまとめる作業を少しずつはじめてみる。

文章にはいくつか制約、というか方針がある。
まずは内容。いわゆる「建築家的設計コンセプト」ではなく、あくまでも「作品紹介」。
つまり「空間の地と図の構成は・・・」とか「ヴォイドとヴォリュームの関係を・・・」とか「街との相互作用で・・・」といった、建築家好みのうさんくさい文章は(なるべく)避ける。
設計者たるもの、どんな設計にもなにかしらののイミを与えて相手をケムに巻く・・・もとい、ご理解をいただく技術は必要、ではあるけれど、今回はあくまでも具体的な事実のみを伝える「紹介文」としての機能に重点をおくことにする。
次に文字数。200字以内。
これが想像以上に大変。なにしろ短い。あっという間にマスが埋まる。
敷地条件、施主のご希望、建物の概要、を書いた時点ですでに200字を超えてしまう。
そんな限られた条件のなかで建物の魅力が伝わるような平易な文章。
で、こんな文章が完成。

「眺望豊かな斜面地に建つオーディオ愛好家のための週末住宅。開放感溢れる居間からは、間近に箱根の山並みを望むことができる。空間構成から仕上げ材の選定、全館空調による最適環境の維持や構造計画に至るまで、随所に施主の音響的なこだわりが反映されている。同時にそれら特殊な仕様が極力生活の場に現れないような細部設計が施され、建物全体はあくまでも自然で居心地の良い住宅として、落ち着きのある質の高さを維持している。」

ジャスト200字!(句読点含む)だけれども・・・地味すぎるか。
[PR]
# by shunn1977 | 2007-12-10 23:15

事務所の郵便受けに

投函されていたペットショップのチラシ。
「ロングチワワ一万円より!早い者勝ち!」
「イタリアングレイハウンドの特徴:セレブにぴったり、オシャレ!」
・・・ちょっとどうかと思う。
[PR]
# by shunn1977 | 2007-12-07 23:33

感心したところで満足

d0065239_22164118.jpg
渋谷電力館でオール電化住宅の打ち合わせ。

以前より貯湯タンクが小型化され、隣地との空きが50cm程度でも設置が可能に。これは朗報。
電力館は、社会科見学中の中学生とIHヒーターによる料理教室に集まった奥様方で、結構なにぎわい。
打ち合わせをしていただいた担当の方も、普段は恐らくそういった方々の案内をされているためか、必要以上に懇切丁寧な解説をしてくれる・・・のはありがたいのですが、口調が完全に中学生向け社会科見学口調。あるいは奥様向け営業トーク。
「よるのあいだにわかしたおゆをちょとうたんくにためて・・・」からはじまり、「IHはガスよりお料理が上手にしていただけるんですよー」・・・って時間がないのでそのあたりのお話ははしょっていただけると・・・。
そんなわけで、ようやく本題、貯湯タンクの適正容量と配管経路などを聞き出し、念のためパンフレットをもらってから電力館をあとにする。

ついでにふらっとアップルストアに立ち寄り、iPod Touchとようやく初接触。・・・んーこれはすごい。ただ触って画面の動きを見ているだけで小一時間たのしめる。
新世代プロダクトということで、操作方法や機能は斬新かつ画期的、でもやっぱり「やたらデカい」とか「異常に重い」など、カタチはまだまだ洗練されていない・・・のであれば可愛げがあるのだけれども、どうみても憎たらしいほど洗練された完成したデザイン。
外観デザインは当然だけれども、「Touch」というコンセプトに沿ったインターフェイスデザイン、操作感に対するAppleの強いこだわりが感じられる。気味が悪いほど自然で滑らかな動き。
・・・で、「タッチすげーなー」と感心したところで満足した私は、相変わらず旧型iPod Shuffleでジャクソン5を聴きながら「でもこれで十分だなー」と思いつつ、次の現場に向かうわけです。
[PR]
# by shunn1977 | 2007-12-06 23:37